浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

浪人生のゴールデンウイーク、浪人生の母の気持ち

f:id:khichan:20190422122451j:plain

 

昨夜の海吉カフェ。

安定のおいしさだった。

ふわふわした泡が、濃い目の珈琲によく合う。

こだわりの豆で淹れたカプチーノは、いつも極上の味がする。

 

 

もうすぐゴールデンウイーク。

今年は、なんとなんと、ノープラン💦

いつも秋くらいに予定を立てて、予約を入れるが、昨秋はそれどころではなかった。

いろんなことで、ばたばたしていて、ほんとにしんどい毎日だったから、ゴールデンウイークのことなんて、考える余裕がなかったのだ。

とにかく、すべての問題がいい方向で解決しますようにと、そう祈る以外できなかった苦悩の日々。

それをこんなふうに、落ち着いた気持ちで思い出せるなんて、嘘のようだ・・。

 

去年のゴールデンウイークの予定は、一昨年の秋に、立てていた。

まさか浪人するなんて思っていなかったので(この自信は何だったのかなあ??(笑))、伊豆への旅行を計画。

浪人が決定してから、行くべきなのか一瞬悩んだのだけれど、気分新たに頑張るために行こうということになって、決行した。

結果、快晴だったけれど、頭の上には、どんよりと大きな雲がのっかっている中での、複雑な思い出作りとなったのだった・・。

 

だから、昨秋は、今年のゴールデンウイークの予定を立てる気力なんてゼロ。

そんな先のことなんて考える余裕なんてなかったのよね。

同じことになったら笑うに笑えないし。

ということで、今年はもう、宿泊を伴うお出かけはナシ。

地元や、日帰り圏内で楽しんでおこう。

 

浪人生にとって、ゴールデンウイークは、ツラいだけのものね。

なんといっても、浪人が決まって間もなくの、一番気持ちが沈んでいる頃だもの。

楽しそうに遊ぶ同年代の人にあちこちで出会うのって、やっぱり辛いんじゃないかなと思う。

楽しそうに見えて、大抵の人が、実はそれぞれ色んな事情を抱えているものなんだけれど、

自分がどん底にいる時はそんな風に思えないものだし。

 

浪人生を抱えるご家族は、普段通りに接してあげるのが一番なんじゃないかなと思う。

かなり明るい性格のナミコですら、時折ぼーっと宙を見るようなときがあったし、

しんどそうな表情を浮かべることも、たびたびあったし。

それを見るたび、一番近くにいる母親は本当につらかった。

サポートが足りなかったんだな、と、何度も自分を責めた。

今、去年の私と同じ立場のお母さまは、あの頃の私と同じ気持ちでおられるのだろうな。

でも、大丈夫。

時間は、過ぎていきます・・。

一年は本当に、長いようであっという間。

ナミコの場合は、この一年があったおかげで、一番ナミコの人生にとって最適な選択が出来ました。

「人生、万事塞翁が馬」

未来のいつか、一年の回り道が結果的には最良の道を選ばせてくれたことに気づく時が必ず来ます。

どうか安心して、乗り越えてください・・。

 

浪人生を一年支えた母の、今の気持ち。。