浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

二人二色

f:id:khichan:20190325094622j:plain

ふかふか

 

昨夜の海吉特製カプチーノ。

ふかふかふわふわの、温かい泡は、海吉の心のよう。

 

毎晩、「おつかれさま」と言って、私の前に置いてくれる。

どんな時も、ど~~んな時でも、やさしぃぃ~~(涙)

 

ナミコにはそういう気遣い、まったくないからね。

一年間、浪人生活を支えてくれてありがとう・・

なんていう言葉、

何かの間違いで、どっかの場面で、もしかしたら、も~しかしたら、出てくるかも・・と心の片隅で期待した私がバカだった。

そういう間違いだけは、絶対に起こらないようだ・・。

間違いだらけのナミコだけれども。

 

ほとんど毎日、

ナミコの言動に

「キッ💢」

となる私がいる。

 

仕事で気疲れして

帰宅して感情を乱されて

ほんと、疲れるわ。

 

ほんとに合格してくれてよかった。

二次試験終わった段階で、もしここがだめだったら・・もう、どこでもいい、とにかく入ってくれ~、私の身がもたない~~、と、思っていた。

しんどかったんだなあ。

とにかく、疲れていたんだなア。

やっと、私、自分の時間が持てる。

感情を乱されずに過ごせる。

それが、嬉しくてたまらない。

 

 

一年前、追加合格がなく浪人が決まった頃を思い出す。

家族全員、どよ~~んとしていたな。

そんな中、海吉が学年最後の成績表を持ち帰って来たけれど、

安定してすごい成績だったにもかかわらず、控えめに差し出してきて、かわいそうだった。

ナミコが沈んでいるときに、家族に「よく頑張ったね~~!!」と言われるのは気が引けたんだろう。

とある賞を頂いて、授賞式に行くときも、

「ひとりでもいいよ(見に来てくれなくてもいいよ)」

と言っていたし・・。

ほんと、ナミコのとばっちりを受けてばかりで、気の毒でしかたない。

 

そういう家族の気持ち、ナミコはわかっているんだろうか。

わかるはずもないよね。

自分勝手なことばっかり言い続けているところを見ても、

感謝も反省も、ゼロだね、ほぼ。

 

昨日も、私は一時、お怒りモード。

気持ちを静めるために、近くの喫茶店に。

 

f:id:khichan:20190325094700j:plain

 

 

サイフォンで淹れたコーヒーを頼んでみた。

カップに二杯分の分量。

二杯目を継ぐ頃には冷めているが、雑味のないすっきりした味なので、冷めていてもおいしかった。

母親業、タイヘンナコト、イッパイ・・・。

 

 

 

追伸

いつも、おいでくださいまして、ほんとありがとうございます。。。