浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

悶着後遺症

f:id:khichan:20190322114855j:plain

 

 

 昨夜の海吉カフェ。

 

乗っているのは、ネコちゃんだった。

 

かわゆい。

 

 

f:id:khichan:20190322114926j:plain

 

 

普通に飲んでも、ネコちゃんはほとんど変形せず。

 

 

 

海吉がもらってきた成績。

ほんと、毎回、安定している。

ナミコが「海ちゃんは、いつも、すごいねえ。  頭良すぎ・・」

海吉「そう?  えへへ・・」

 

いつも冷静である。

 

 

我が家では、成績が良かったからと言って、ご褒美を与えるというシステムはない。

勉強はあくまで、自分がやりたいからするものなのであって、何か欲しいものを親に買わせるための手段ではないから。

鼻先にぶら下げられたニンジンを求めて走るものではないので、モノではなく極上の言葉のご褒美を重視。

何か買ってあげる時は、別の理由で買ってあげて、勉強を頑張ったから物が買ってもらえた、という感覚を子どもたちに持たせないようにしてきた。

 

 

ところで・・・

 

今朝、ナミコと一悶着あった。

くたびれた・・。

なんでかなあ。

他のお宅の中が見てみたい。

他のお宅はどうなんだろう。

 

20歳前の子どもって、そこそこ大人よね。

みんな、成熟しつつあるわけだから、もう素直なのかな??

うちは、違うよぉ。

異星人みたい。

私と感覚が違い過ぎる。

 

 

学校に行っているときは気づかなかった。

平日は夜しか一緒にいないから。

 

浪人生活を支えている間にわかったことは感覚の極端なズレだった。

いやでも目の当たりにするのがしんどかった。

考え方が違い過ぎて、どこをどう合わせたらいいのか悩んだ日々。

 

神様、合格させてくださってありがとうございました。

またもう一年なんて・・・・・・

 

ムリッ!!!

 

 

今朝のできごとで、わたしはどっと疲れた。

年のせいか、なにかあるとダメージが大きい。

引きずる。

 

時間が結構たったにもかかわらず

どよ~~ん。

 

ああ、

どよ~~ん。

 

 

追伸

いつも、お星さま、ありがとうございます。