浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

性格

辛い一年で、私はどっと老け込んだと思う(苦笑)

白髪もにょきにょき生えてきているんじゃないかな。

元々は、白髪が少ない方だと美容師さんに言われていたのだけれど・・今はすごいぞ!!

ナミコのせいである。

 

ナミコは感情が上がったり下がったりが激しくて、周囲を巻き込む。

トルネードみたい、ほんと。

よく、一年も向き合ったなあと、つくづく思う。

ぎりぎりのぎりこさん(←恐らくそうだと思う)ででも、第二志望に受かって、やっと肩の荷が下りた。

私立はきついなア、でも、前期がだめだったら後期だってかなり危ういし、そうなったらもう仕方ないのかな。。。学費、ほんと大変そう~~😢

などと毎晩考えては、落ち込んだ日々。

毎晩、ひどい寝汗をかいて、深夜に目覚めた苦痛の日々。

もう、二度とイヤだ。

二浪なんて、考えられないし。

もし今回もダメで、ナミコが行くところをなくしていたら、毎日ケンカしてるか、寝込んでいるか、どちらにしても暗黒の日々になっているところだった。

 

 

昨日、第一志望だった学校の合格者数を見てみた。

そしたら、なんと、ほぼ定員通りの人数しかとっていないではないか。

いつも多めにとるから大丈夫なんて、ほんと、ナミコの甘さには落胆する。

もしそこに出願していたら、確実にアウトだっただろう。

二次での挽回ねらいで受ける浪人生なんているのかな。

後がないのに自覚がない。

ああ、ほんと、ナミコの言う通りにしなくてよかった。

 

二次試験の前後のごたごたのひとつは

出願後、第一志望に出した方が良かったと、ぐずぐず言って家族を悩ませたこと。

なんというのか、ふわふわしていて地に足がついていないのだ。ナミコはいつも。

 

結局、第二志望に合格出来たら

「ここでよかった~。ここ受けてよかった~~」

とケロッとして言っているし。

確固たる考えがない。

 

医学の道に進みたいと言って、まっすぐ進む海吉と

ふわふわ、風来坊的な生き方をするナミコ

おんなじように水をやり肥料をやって育てたつもりだけれど、全然違う花が咲いてしまった。

 

持って生まれた性格の違いも大きい。

ナミコのちゃらんぽらんな性格は、勉強の仕方にも影響しているし、

自分勝手な性格は、さまざまな行動に表れている。

一方の海吉が、正々堂々と生きているのも、性格ゆえ。

しっかり勉強するし結果も確実に残すけれどライバルを蹴落とそうなどという卑怯な考えは持たない。

友達が試験勉強で困っていたら、丁寧に教えてあげるし、ノートも貸してあげる。

誰にでもいつも優しい。

困っている人を見過ごすことが出来ない海吉は、戦国時代に生きていたら間違いなく敵に塩を送るタイプだったろうと思う。

性格は、勉強に大きな影響を与える。

そして勉強は、進学や、就職に影響を与え、それがその後の人生の道筋をほぼ決めてしまうのだから、性格ってほんと重要だ。

全てのベースとなっている。

当たり前と言えば当たり前なんだけれど。

 

昔観た映画を思い出す。

マイケルダグラスの「ゲーム」

人の行動は、遺伝子と性格を検査すればすべてを完璧に予測できるというストーリー。

20年くらい前の映画で、スリリングな内容に面白く観た。

そのころは若干突拍子もない感じがするテーマだったけれど、今となっては「その通り!!」と思う。

行動は遺伝子で決まる。

 

ああ、ということは、ナミコはずっとナミコのままか・・・。

涙::

 

 

K様。

お星さまをありがとうございます。

なんだか、じわっと涙がにじんだ私でした・・。♡