浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

集中度は成績に

f:id:khichan:20190221201727j:plain

バラっぽい♡

 

この模様は、バラの花っぽい。

タイトルなしで提供してもらった海吉特製、デカフェカプチーノ。

母には、バラに見えた。

 

同じものでも、その時の気分で見え方が変わるもの。

この時は、気分がとっても良かったようだ(笑)

 

 

海吉は試験勉強。

三学期の期末試験のための。

あの集中力はいったいどこから出てくるのだろう。

周りがうるさくても、全然気にせず、問題を考えている。

自分の部屋でやる時もあれば、リビングでやる時もあるけれど、どちらでも、集中度は変わらない。

弘法、場所を選ばず・・・。

 

ナミコは、

「ここは集中できない」

だの

「一人だと、気が散る」

だの言っていたから、やっぱり、結果に表れるな、そういうところが。

 

「一人だと気が散るって・・・。人がいると気が散る、の間違いじゃないの??」

と海吉に聞かれたナミコ。

「違うよ。人がいて、人の目があると、がんばれるの。人がいないと、駄目」

と言っていた。

「へえ。そういう人もいるんだね」

海吉は、人がいてもいなくても変わりないから、まあ、そういうヤツもいるんだろう、くらいにしか思わなかったようだけれど、母は

「いつも人がそばにいる環境で勉強なんて出来るものじゃないし、それ、受験には致命傷じゃない??」

と思い、複雑な気分になった。

 

ま、いろんな子どもがいる。

そういうものね。苦笑・・。