浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

母の苛立ち

ナミコに苛立ちを感じることがある。
ずっとずっと耐えに耐えて来たんだけれど。
ここへきて、苛立ちを心にしまいきれなくなる時がある。
あと少しの辛抱なんだけれど・・って、合格した場合はね。

さっきも
「たまに、小さなことで怒るね。なんで??」
と言われた。
おい!!
小さなことじゃあないんだよ!!
なぜ怒られているのかがわからないその洞察力のなさ。
時々情けなくなる。

何もかも全部、すべて親に助けてもらって生きていること。
その年で・・
もう少し自覚させなければならなかった。
世の中には未成年でも立派にお仕事をしている人が山ほどおられるのに。
何度も思ってきたことだけれど、やっぱり育て方。
今頃反省しても遅いけれど。


もう、これからは一人でやれ!!!
馬鹿者!!


ふふふ。
なにいってるんだろう。
すみません。
でも、ちょっとすっきりしました。

今日はナミコの顔を見ると怒りがこみあげてくるのは必至。
ということで、部屋にこもっている。
来月から仕事。
良かったと思う、新しいことが始められることは。
ほんとうは、去年仕事を始めたいと思っていたのだけれど、受験があんな結果だったから、一年延びてしまった。
一年長く働いていたらその分の貯金も出来たんだろうなあ、と思うと悔やまれる。
でも仕方ないか。
浪人になってしまった子どもへの変な責任感から、一年先延ばしにしてしまったのは、甘い自分。
働くのをやめて支えてあげていても、たいして受験の結果には影響なかったけれどね。
そんなに必死で頑張っている風ではなかったし。

まあ、ものは考えようだ。
一年待ったお陰で、今回の会社にご縁が出来たということで。
この会社がきっと自分には相性が良かったんだということで。


早くさらっと書類(←受験の)を調達してきて、二次試験の勉強に入りなさいよ!!
どんだけかかってるの!!
今日私が用事を済ましている間に行ってくるって言ってたでしょう??
ああ、また苛立ちが。
だめだだめだ・・・。

私も疲れがたまってきている。
コーヒー飲んで、落ち着いて、前頭葉を活性化しよう(←感情をコントロールするところらしい)。