浪人母娘、海原を行く

卒浪人、卒浪人母 新しい春を迎えております

センター試験の結果が届く

一昨日、センター試験の結果が書留で送られてきた。

少し割増し料金を払うだけで、正確な採点結果を送って来てくれるのである。

去年は、ナミコの自己採点に少し間違いがあって、三点ほど実際の点数は低かったが今年はどうだろう。

 

昨夜、ナミコが開封する。

一教科一教科、点数を言っていくので、私が自己採点の点数と照らし合わせると・・。

お見事!

今年は一点も差がなかった。

つまり、自己採点は大正解。

メモのミスも、マークミスも一問もなかったことになる。

 

ちょっと、ほっ。

なぜだか、ほっ。

結果が出ているのだから、あってもなくても同じなのだけれど、でもホッとした。

 

こんな風に点数が正確に出るのが、なんでセンター試験の三ヶ月も後なんだろう。

前にも書いたけれど、試験の後、数日で送られてきたら、そもそも自己採点に神経をとがらせる必要などないのだ。

意味が分からない。

三ヶ月も後だよ??

このなんでもスピード最優先の時代に。

驚くわ。

 

海吉が中学受験で何度も受けた首都圏模試。

すぐに成績速報をネット上で見ることが出来たし、紙の成績表も数日で送られてきた記憶がある。

やろうと思えば簡単にできることなのに、なんで??

 

センター試験は、年に何回もチャンスがある試験とは違うのだ。

万全の体制と、高度なネットのシステムを駆使して、受験生たちの努力を受け止めようとしてあげればいいのに。

無駄に神経をすり減らされて、ほんとうに受験生がかわいそう。

何度考えても、そう思うな。

 

 

 

f:id:khichan:20190418144535j:plain



五角形のコーヒーカップ。

少し厚みがあるというだけで、飲み物が冷めにくい。

最近、自分で淹れる時はこのカップを愛用してます。(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お礼参り

先週末に、受験の願掛けでお参りした神社二か所(T宮さまと、E神社さま)にお参りしてきた。

一つは去年もお願いに上がったのだけれど、去年は願いを聞いて下さらなかったところ。

そこは、お宮参りから、いや、もっと前の安産祈願から、ずっとお世話になっている神社さん。

今年は聞いて下さったのか、もう一つの学問の神様として有名な神社さんのお力なのかわからないけれど、合格させて頂いたので、心を込めてお礼を申し上げてきた。

 

 

空は真っ青・・。

初夏のようなここちよいお天気だった。

 

f:id:khichan:20190416085250j:plain

 

遠くの方に、T宮さまの大鳥居が見える。

 

 

帰りに飲んだカプチーノ。

上手にハートが作られていた。

 

f:id:khichan:20190416085316j:plain

 

 

バリスタ海吉、喜んでいたなあ。

うまいねっ!!

プロは一瞬で作れるんだね!と。

 

いやいや、海ちゃんのカプチーノもとっても素晴らしい仕上がりだよ!

 

 

 

今日もとってもいいお天気。

なのに・・

 

朝からちょっとナミコに怒ってしまう。

だめね。

いやいや。

そもそも私が悪いんじゃないのでは??

 

ナミコが家を出る時間が遅い日(週一くらいであるようだ)と、こうなることがある。

一年間にたまった苦悩と怒りの澱。

まだ心の奥底に密かに存在しているらしくーー、まあ、すこしずつは浄化されていっているのだけれど、

私の心を上下ひっくり返すような言葉をナミコが発すると、底にたまっているはずの怒りの澱が、澄んだ部分になだれ込んできて、気持ち全体を黒ずませるのである。

 

で、怒ってしまった。

情けない私。

 

自分の子どもとはいえ、全てを理解し受け止められると考えるのは間違っていると思う。

私のお腹を借りて成長したというだけで、まったく別個の人格なのだから。

何でこんな風に考えるんだろう?

と悲しくなるような発言がしばしばあるナミコだけれど、

「永遠に謎」の考え方をしていたとしても、それは特別悲しむことではないんだ、きっと。

 

 

夏休み、長いよね、大学って。

いやだわ、正直言って、ほんとに、イヤ!

海吉がいてくれる時はいいけれど、クラブ活動でいない時とか・・

ナミコとはもう、金輪際二人っきりでは向き合いたくないのに。

もう、そんなことを心配している、愚かな母である・・。

 

仕事は、外でするより家に持ち帰れる方を中心に、と考えていたが、夏休みは出た方が心の安寧のためにはいいかもしれない。

外で働くのは身体がきついので、家でできる方が良いと考えているんだけれど。

 

 

浪人が終わって、苦悩の日々からは解放されたのだから、贅沢言ってはならない。

それはよくわかっている。

でも、

でも、やっぱり長女との関係には悩み続ける宿命の母である😢

 

蛍雪時代を

塾に行かずに、受験勉強をしていたナミコにとって、雑誌「蛍雪時代」はとても大切な情報源だった。

 

ナミコの部屋を掃除していると、たくさんの大学ノートや参考書が出て来たが、この受験雑誌もまた、何冊も出て来た。

今は、ネットで情報を簡単に得られる時代なので、私が受験生だった頃のように存在感はないけれど、でも、やっぱり、一部のファンからすると、大切な大切な受験の友だよね。

 

令和を迎えようとしているこの時代にまだ「蛍雪時代」なんて、超レトロな名前を名乗っているところも好き。

蛍の光と雪明りから、灯籠、電球、ときて、このLEDの時代にね・・。

自分を持ってるわ!!(*^▽^*)

 

この思い出がいっぱいの雑誌たちを、捨てるか?

捨てないか。

迷うところだ。

こういう時どうすればいいのかなあ。

 

 

毎日、ナミコは楽しそうに通学している。

それにしてもなぜか四月入ってからほぼ毎日、電車トラブルがある。

今日もまた、別路線の遅延のあおりを受けて、電車がチョイ止まりしたとのこと。

あわただしい朝、慣れない新入生や、新入社員の人たちは、ストレス倍増ね。

 

ナミコは5ルートで通学することが出来るので、適宜情報を入手して臨機応変に対処すれば、遅延による被害を最小限に抑えることが出来る。

スマホがある今は、ほんとに便利な時代。

おかげで、今のところ、遅刻なしで学校にたどり着いているようだ。

でもね、そろそろ行き方決めてちょうだいな。

定期券にして、節約してちょうだい。

母は、本心ではそう思っているけれどね。

 

 

f:id:khichan:20190411225818j:plain

 

 

今夜の海吉カフェ。

堂々、大きなハートを頂きました。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

本人からすると予定していたハート形とはちがう仕上がりになってしまったようだけど、私にはとてもきれいなハートに見える。

 

最近は、さささっと作ってくれる海吉くん。

バリスタ並みの手際の良さだ。

豆にもこだわってくれているので、香りが芳醇。

贅沢なカプチーノである。

 

おいしいよお~~。

今夜もいい夢見られそう。

 

 

 

浪人生の朝の気持ち

一昨日は電車の遅延、今日は真冬の寒さ&土砂降りの雨・・

厳しい環境での登校が続いているけれど、

ナミコはとても楽しそうである。

一年、辛抱しまくったからかな、新しいお友達が次々できていくのがたまらなく楽しいようだ。

昨日は、お友達の一人と遅くまで電話でおしゃべりしていた。

とる講義の話。

地声が女の子とは思えないくらい大きいので、部屋のドア前にいても漏れてくる声で、ほとんど内容がわかる(笑)

海吉も笑いながら聞いていた。

隣の部屋にいると、内容はわからないのにやたら雑音だけが聞こえてうるさいので、どうせうるささに辛抱させられるなら内容まで聞いてやる~~、的な気分で自室から出て来たようだった。

完全無防備なところがまた、ナミコである。

 

海吉も、新しいクラスになった。

仲良しと一緒になれて、とても嬉しそうにしている。

人をえり好みしない性格だけれど、そりゃあ、仲良しと一緒というのが一番よね。

 

というわけで、母は、いろんな面で、肩の荷が下りた春である!

 

 

去年の今頃、

浪人生活が決まったナミコは、表面上は一応明るくはしていたけれど、いろいろと現役の時にはなかった変化が見られるようになっていた。

最も大きな変化は・・朝が起きられなくなったことだ。

中等部、高等部の計六年間、ほぼ無遅刻無欠席だったのに、朝、どうしても起きられない。

 

しばらくした頃に、起きられない理由は何だと思うか、を聞いてみた。

すると

「現実逃避」

と。

「起きるとまた、一日が始まる。

勉強と試験のことだけを考えないとならない一日が始まってしまう。

そんな時間から、少しでも逃げていたいから・・」

と。

 

予備校に行っていたら、違ったのだろうなと思った。

ライバル兼仲間がいるからね。

でも、ナミコは、自宅で頑張っていたので。

闘うのは、一人。

ただ自分との闘い・・。

 

そりゃあ、逃げたくなることもあるよね。

 

そんな生活を一年続けたナミコ。

 

この春の、空の輝きはどれほどだったろう。

入学してから、毎日元気に明るく、

「行ってきま~~す」

と言って満面笑顔で出かけていく。

そのはじけるような笑顔が、いかにつらい一年を過ごしていたかを語っている。

 

浪人生活の苦しかった日々は、ナミコを少なからず成長させた、と思う。

当たり前の日常がどれほどありがたいことか、普通に進学していたら、絶対に気づかなかっただろう。

特にナミコの性格では。

 

そういう意味でも、

決して無駄ではなかった一年だった。

うん、絶対そう。

 

 

それにしても、今日の寒さはなんだろう。

咲いた桜も縮み上がってるわね。

日中でも5度くらいしかないみたい。

入学式がこんなお天気でなくて、ほんと、助かった。

この辺りは雪がほとんど降らない地域だから、気温が下がっても冷たい雨のままだと思うけれど、今回の寒波は強力で雪になる地域も多いと、天気予報で言っていた。

四月にねえ。

天変地異だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり遅刻・・

昨日の朝、家族を送り出して、しばらくした頃ナミコからメールが届いた。

電車、止まってるよお!

駅、コミコミ~~。

足も濡れて、大変だよぉ~。

と。

 

土砂降りの雨の中、頑張って登校したナミコだけれど、乗り継ぎ駅で足止めにあったらしい。

不可抗力だから仕方ないね。

 

夕方のニュースを見て、小田急は一時全線がストップしていたことを知った。

人でごった返す駅構内。

傘も靴も濡れている時の人ごみは、ほんとに不快で長居はつらい。

今日が入学式だったところは時間を繰り下げて開催したのかな。

皆さん、ほんと

やきもきされただろうな。

 

帰宅したナミコに聞くと、何人も遅刻していたと。

教室に入る時に仲間がいてよかったねえ、と思った。

それにしても

学生さん、会社員さん、それぞれにとっての、緊張感漂う始まりの時期に・・

 

巻き込まれた多くの皆さん、お疲れさまでした。

 

 

海吉も新学期が始まり、我が家は通常業務に戻っている。

少し前までは、こんな穏やかな日々が自分に戻ってくるとは思ってもいなかった。

子どもが浪人するということって・・

おっきなことなんだな。

去年の桜と今年の桜、全然違って見えるよ。

同じものが、気分次第でおいしくもまずくもなるのと同じ。

要は、心の状態なのね。

 

 

浪人生活で使った問題集や、参考書を今、整理している。

処分する本たちにお礼を言いながらパラパラとめくってみる。

たくさんお勉強したね、と、改めて思った。

 

予備校なしで、ほんとによくがんばったなあ。

 

気持ちがだれる時が何度もあったけれど、

それでも一年よく頑張り通したなと思う。

強烈に反抗的な態度になることもたびたびあったし、

気分のむらが激しくてしょっちゅう周りを巻き込んだので、

付き合う私は疲弊しまくったけれど

まあ、それも過ぎてしまえば、いい思い出、いや、良くはないけれど、まあ、思い出の一ページということかな。

渦中にいる時は、全然、ぜ~~んぜん、そんな気持ちにはなれなかったけれどね。

 

 

 

f:id:khichan:20190409115946j:plain



 

自分で淹れたコーヒー。

エスプレッソメーカーで淹れると

勝手にクレマを作ってくれるのがうれしい。

昨夜の海吉カフェも、安定のおいしさだった。

珈琲とは切っても切れない縁がある、母の生活。

 

 

さて母はこれからどうするか??

子ども達も新しい日々をスタートさせてくれた。

母もこれからまっさらな気持ちで、頑張っていかねば。

仕事は、当然、このままではいけない。

改善の余地だらけの状態である・・。

情けないが。

うむ・・・。

珈琲を飲みながら、あれこれ思いを巡らせる母である。

(-.-)☕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浪人という呼称

浪人という呼び方ってどうなの。

 

と、ずっと思ってきた。

娘が浪人することになってからではなく、ずっとずっと前から。

「浪人」って、所属先も収入もないお侍さんのことだと思ってきたけれど、意味は似ていてもやっぱり違うし、何より響きと漢字が悪すぎる!

イメージはまさに「灰色」じゃないかな、浪人なんて言葉。

いつまでこんな呼び方をしているんだろう?

そろそろ変えてあげましょうよ。

 

浪人をするという決断はとても大きくてつらい決断だ。

その選択をするからには、様々な事情があったんだろうけれど、だれも好きでする選択ではない。

その道を選べば、しんどい一年が始まるとわかっていて、自分からその苦悩だらけの年に飛び込む決断をした勇気を、もっと称えてあげるべきではないかしら。

 

浪人。

こんなありがたくない呼称を与えるのは、かわいそうすぎる。

もっと明るいイメージの、名乗る人が皆、前向きになれるようなネーミングにしてあげられないものだろうか。

 

ふと、夜中にそんなことを考えた母でした・・・。

 

 

海吉カプチーノを頂きながら・・。

土曜深夜のほっこりタイムに。

 

f:id:khichan:20190406233542j:plain

 

 

今夜も、おしり探偵2かしら、と思ったら・・

「珈琲豆  というタイトルにするね!」

と言われた。

たしかに、似ている気もする。

春爛漫

春爛漫。

一昨日より昨日、昨日より今日・・。

と、日ごとに暖かくなる。

桜は今まさに、満開。

 

海吉の携帯のバッテリーが傷んで機能しなくなってしまったので、新調した。

アンドロイドから、iPhoneへ。

写真の画質がよくなったと言って、嬉しそうにしている海吉がかわいかった。

最近は楽しいアプリがたくさんあるし、空き時間に楽しんでくださいな。

 

さて、母の仕事。

二月に始めたばかりだし、そのころははっきり言って、仕事がどうなるということより、ナミコが希望の大学に入れるかということの方がずっとずっと気になっていたので、仕事なんて二の次、三の次くらいの気分でいた。

でも、ようやくその気がかりなことからは解放されたので、そろそろ真剣に自分にかかわる色々なことに関して、考えていかなければならないと思っている。

仕事に関して、早々と、頭打ち感を抱いている母。

情けない💦

先日、ちと楽しくなってきたような気がする、と書いたばかりなんだけれど、なんか、ぱっとしないのである。

出来高制って、しんどいものだ。

このままでは全然ダメ。

努力が足りないのかな。

そうだろうな。

これからの時間を使って、改善策を模索して、いい形になっていくように頑張らねば。

 

 

f:id:khichan:20190405163936j:plain

おつまんで、クイッ(*´▽`*)

で、

 

↑ ↑ ↑

ということになりますわなあ。(≧◇≦)

今夜は花金(古っ!!)、飲みには行けないので・・・夕方から一人晩酌ということで(笑)

 

環境も大幅に変わったし、

仕事は仕切り直しかな。